スタッフインタビュー

山田洸人(20代) 2016年12月入社 白アルマイト担当

電化皮膜工業に入社した動機

前職ではジュエリーを販売していました。ジュエリーは生活必需品でなく、この仕事を続けても、社会の役に立てないかなと思い始めました。自分は社会に貢献する仕事をしたい、それにはモノづくりをしてみたいと転職を考えるようになりました。なぜかというと、祖父母や母親が町工場に勤めていて、実は工場でモノを作ることに憧れていたのです。祖父が重たいものを持ったりして作業しているのを、かっこいいなと思って見ていました。僕が生まれた大田区に、防衛や航空関係などの仕事もしている、世界に誇れる町工場があると思って、電化皮膜工業で働きたいと思いました

仕事を始めて感じたこと

最初は検査場で採用になりましたが、モノ作りがしたかった僕に「現場に来てみないか」と工場長が声をかけてくださいました。今は、その工場長の想いに応えていきたいと思っています。現場作業は、重いものを持ったり、危ないことがあったり、身体的にきつかったりすることもあります。でも、自分の好きなことができているという気持ちが大きくて、いやになることはありません。

少数精鋭の町工場なので、優しく仕事を教えてくれるかというとそうでもなく、とにかくやって覚えることが基本です。それで、自分から熱意を見せると、どんどん仕事を任せてもらえます。仕事を楽しんで、それでちょっと難しいことにも挑戦していると、先輩たちに任せてもらえるようになります。自分のことを気にかけてもらっていると思うとうれしいです。

僕は、「どんな仕事でも仕事は仕事」で、場所は関係ないと思っています。現場の仕事はきつかったり、きれいでなかったりもします。でも、自分がやりたいって思ったら、そういう環境のことは関係ありません。仕事の中でも、厳しいことはいっぱいあります。それでも、やりがいを見出したら、たぶん楽しんで仕事ができると思っています。

電化皮膜工業の先輩たちは優しいです。まだミスすることもありますし、わからないこともたくさんあります。それでも、先輩たちは怒るのではなく、まず原因を僕たち自身で考える時間をくれます。自分でその原因は何だったのかわかったら、次はこうしようと手順がわかるので、それがいいなと思っています。

現在の仕事

現在は白アルマイトの部門を任されています。自分で処理して納品した製品が、会社の売り上げに直結していると感じられるので、それがやりがいになります。自分が担当した製品がどのように使われているのかもわかるので、それもやりがいにつながります。

これからの目標

世界に誇れる大田区の町工場で働いているので、自分の子どもが生まれたとき、子どもに誇れるような職人になるのが夢です。そして、今の一番の目標は、仕事で工場長に一歩でも二歩でも近づくことです。工場長は知らないことがないのではないかというくらい、何を聞いても100%の回答をくださいます。仕事をされている姿もかっこよくて、処理もすごいし、ひっかけという仕事の仕上がりも完璧です。そして、社員ひとりひとりを見ていてくれると感じられることが好きです。少しの変化でも気づいてくれるところが、すごいなと思います。自分ががんばったなと思ったことを、ちゃんと見てくれているので、やる気になります。そして、迷っていたり、悩んでいたりするときにも察してくださって、声をかけてくださいます。職人としても、人間としてもかっこよいと思っていて、そしてとても感謝しています。僕を現場に連れてきてくれたそんな工場長に報いられるように、毎日精進していきたいと思っています。

アルマイト、クロメート、硬質クロム、
化成処理、めっき等、
表面処理化工(金属表面処理)

電化皮膜工業への
お問い合わせはこちら

Page TopPage Top