ホーム >  電化皮膜工業腕利きスタッフ  > 1級技能士(陽極酸化皮膜) 立石 直樹

電化皮膜工業腕利きスタッフ

1級技能士(陽極酸化皮膜) 立石 直樹

立石 直樹:写真[プロフィール]
昭和49年生まれ。東京都出身
平成15年6月入社
アルマイト全般。担当は硬質アルマイト
金属塗装関係の会社から、電化皮膜工業に転職。職人として技術も極めたいが、営業・マネジメントの仕事にも興味がある。

塗装屋からめっき屋へ転職

立石 直樹:写真立石は現在、硬質アルマイトを担当している。この仕事に就く前は、金属塗装をしていた。電化皮膜工業へは、現在の立石の上司の紹介で入社した。業種的には似ていて、転職しても仕事は比較的簡単に覚えられた。金属に色を塗ることと、金属にめっきをすることの違いくらいで、それほど抵抗なく仕事に入れた。

この仕事は、段階を踏んで1工程ずつ覚えていく。
電化皮膜工業では、入社まもない社員のために勉強会を開催している。しかし、いくら教科書で勉強しても腕が上がらない。実際にやってみないと、何も身につかない。体で覚えること。これが大事なことだと立石は思う。そして、もうひとつ大事なことは、手先が器用なこと。立石自身も手先はかなり器用だ。

1から10まで、「気」と「手」を抜かない

仕事の工程が1から10まであるとしたら、すべての工程で「気」と「手」を抜かない。それが立石の「職人としてのこだわり」だ。

「最初の1から2の工程でいい加減にやると、最後の10の仕上げに影響して、いいものはできません。だから、“手”と“気”は抜きません。」

電化皮膜工業の仕事は、短納期のものが多い。納期を守るため、今日は10個できたけれど、明日は11個処理するにはどうしたらいいか、どうやったらできるだけ速く、効率よく仕事ができるのか、会社全体で考え、取り組んでいる。
立石も仕事の全工程を丁寧に行い、よいものに仕上げることにこだわるが、それに加えてスピーディに仕事を処理すること。これを追求し続けている。
「マイペースでいいものは作れますが、それでは納期が守れません。」

 

失敗の教訓は「必ず見る」

ホイスト:写真「必ず手先を見ろ。」と、立石は後輩に言い続けている。それは自分の失敗から学んだことだからだ。
ホイストという品物を流す機械がある。入社したばかりの頃、立石はホイストから品物を落としてしまい、品物を全部使えなくしたのだ。それ以来、必ず手元を目で見て確認するようにしている。

「ホイストのバーに品物をかけて持ち上げるのですが、慣れてくると見ないでもぱっぱと手だけで、できるようになります。指差し確認をしろとは言いませんが、必ずホイストのバーを見ろと言いますね。うまくバーにかかっていないと、つるんとすべって大事故が起こるかもしれません。でも、ちゃんと見てさっと確認したら、事故は防げます。」

全工程を大事にする立石らしいアドバイスでもある。

 

資格を取ったことで、さらに気を抜かなくなった

立石 直樹:写真電化皮膜工業では、社員に資格を取得することを奨励している。決して強制ではない。何年たったらどの資格を取得できるという規定があるので、その規定を読んで社員が自発的に申請するのだ。

立石は、1級の技能士の資格を持っている。
「資格を取ったのは、8割は流れですね。あぁ、来年俺は1級がとれると思ったから、会社に言って申請しました。自然と取ってこようと思いました。あとは、給料も上がるし、技能士と言ったほうがかっこいいですね。せっかくこの仕事をしているのだから、技能検定を受けたほうがいいと思います。」

立石は2級を取得したときは心の変化はあまりなかったが、1級を取得したときは仕事に取り組む姿勢が少し変わったと言う。

「知らないことがあったら、1級のくせに知らないの?と言われてしまうし、あまりミスはしないのですが、ミスをするとそれでも1級かと言われてしまうような気がして、さらに1から10まで気を抜かないようになりました。」

1級技能士になると、周囲から追い込まれる材料になるので、それがさらに向上したいという気持ちにつながっている。

 

どんな仕事も、面倒くさがらずにやる

「仕事は絶対に一生懸命にやること。どんな仕事でも、面倒くさがらずにすること。」立石が、後輩にアドバイスしたいことだ。

これが、自分のためになる。少し仕事に慣れてくると、手間がかかる仕事はやりたくない、そんな気持ちが出てくる。でも、それでは絶対にうまくならない。だから、どんな仕事でも、面倒だと思わないでやってみる。初心を忘れないでやる。こうして、立石は職人として成長してきた。

 

将来は、お客様との折衝もしたい

立石 直樹:写真立石は会社のマネジメントにも興味を持っている。現場にずっといるのではなく、工場長などの管理職になって、お客様との折衝も担当してみたいと思っている。

「現場をこう変えてみたいと提案するとか、工場の中にいるだけでなく、お客様のところに行って提案をするとか。自分でもいい仕事を取ってきたいのです。いつかは。」

職人として技術を身につけ、その知識を今度は営業に生かす。それが立石の理想としている生き方である。

このページのトップへ
明日の宙を拓くアマテラス AMATERAS
2009年
JISQ9100(航空・宇宙品質マネジメントシステム)認証取得

お客様のニーズに応える 電化皮膜工業 腕利きスタッフ

黄綬褒章(現代の名工)ほか、高い信頼と実績を積み上げてきたマイスターやスタッフをご紹介します。
腕利きスタッフ紹介>>

交通アクセス

めっきの「困った!」、ご相談ください。お問い合わせはこちらへ

お問い合わせ

アルマイト、クロメート、硬質クロム、化成処理、めっき等、表面処理化工(金属表面処理)についてのお問い合わせは

電化皮膜工業株式会社
〒146-0093
東京都大田区矢口3丁目5番10号

TEL:03-3758-3321
お問い合わせフォームへ