スタッフインタビュー

茂木宗之(30代) 2012年9月入社 硬質アルマイト担当

電化皮膜工業に入社した動機

もともとゴルフが好きだったので、前職ではゴルフのメーカーで、営業をしていました。でも、仕事をしているうちに、好きなものと得意なものは違うのではないかと疑問が湧いてきました。改めて考えてみると、自分は手先が器用なことに自信があったので、それを活かした仕事がしてみたいということに気づき、転職活動を始めて、電化皮膜工業の求人を知りました。金属表面処理は未知の世界でしたが、経験は問われないので応募してみました。電化皮膜工業のホームページを見ると、職人の世界がかっこいいなと思いました。そういうところで、仕事をしてみたいと単純に思ったこともあります。

仕事を始めて感じたこと

難しい仕事があっても、みんなで協力しあってやり遂げる喜びを、会社に入って初めて知りました。入社した頃は、ひとりで仕事ができなかったので、人と人とのバトンが大事でした。社員同士の関係が濃い職場だなと感じました。そして今は、達成感を味わっています。仕事の細かいところも手を抜かずに取り組み、製品の電解の順番なども考え、仕事が終わって納得のいくものができると「よかったな」と思います。

毎日の仕事

現在は、基本的には製品のセットから電解、梱包まで自分一人で担当しています。仕事の量が多くなると、ほかの人達にお願いして協力してもらっています。

仕事中はみんな真剣なので、和気あいあいというような雰囲気はあまりありません。でも、仕事を離れれば、みんなユニークな人達ばかりで話していておもしろいです。僕のように転職組も多く、人生経験豊富な人たちと話すとおもしろいです。休憩中は、ひとりで過ごす人も多いのですが、定期的にみんなで飲みにいったりすることも多いので、よい雰囲気で仕事をしています。

頼られる喜びを感じています

前の会社は社員数が多くて、自分のしていることは、会社に貢献しているのか不安になることもありました。

電化皮膜工業は社員数も多くないので、よりひとりひとりの力が大切です。責任ある仕事も担当させてもらっているので、必要とされている喜びがあります。「こんな僕でも頼りにしてくれている」そう感じるとうれしいです。

また、経営者との距離も近くて、残業などしていると、社長が声をかけてくださいます。気にかけてくれていると思うとうれしいです。

これからの目標

現在の目標は、技能検定の1級を取得することです。まだ勤続年数が足りないので、受験資格はないのですが、あと4~5年したら受験資格をもらえます。「はやく1級を取得して、先輩たちに追いつきたい」と思っています。

また、若い社員が増えてきたので、今の僕たち30代で、ゆくゆくは会社を引っ張っていけるようになりたいのです。そのために、みんなの知識や技術力を上げて、ひとりひとりができる仕事の幅を増やせるようにしたいです。そうすれば、忙しいときにも部門間で協力しあって仕事をしていけます。それが僕ができる会社に対する貢献かなと考えています。

アルマイト、クロメート、硬質クロム、
化成処理、めっき等、
表面処理化工(金属表面処理)

電化皮膜工業への
お問い合わせはこちら

Page TopPage Top